スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --年--月--日 ] スポンサー広告 | コメント(-)

「ビデオゲームの歴史上例がないのでは」 大量ソフトで攻勢をかけるニンテンドー3DS

 任天堂は9月13日、「ニンテンドー3DSカンファレンス 2011」を都内で開き、年末商戦から来年にかけて発売する3DS向けゲームソフトを紹介した。「マリオカート7」(12月1日発売)や「モンスターハンター3(トライ)G」(カプコン、12月10日発売)などをそろえ、岩田聡社長は「ビデオゲームの歴史において例がないのではと思えるほど充実したタイトルだ」と胸を張った。

【3DS新作ソフト一覧:人気シリーズやどうぶつの森も】

 任天堂タイトルでは「スーパーマリオ3Dランド」(11月3日)発売や、「スーパーマリオテニス」「ペーパーマリオ」などの新作や「ファイアーエムブレム」シリーズの完全新作、「カルドセプト」などを発表。バンダイナムコゲームスが任天堂ハードとしては初となる「エースコンバット」「鉄拳」シリーズを発表するなど、サードパーティの作品もそろえた。

 一方、3DSのユーザー層が男性にやや偏っているとして、女性ユーザー獲得を狙った3DS本体の新カラー「ミスティピンク」を10月20日に発売するほか、「どうぶつの森」(来年発売予定)、「トモダチコレクション」(発売日未定)を投入して「Wii、DSに続き男女バランス良く普及させていく」とした。

 3DSの本体ソフトウェアは秋に更新を予定。3D動画撮影機能を追加するほか、ニンテンドーeショップの改善、すれちがいMii広場の強化を図る。「遊び尽くしてしまってすれ違いでもう遊ぶことがないというユーザーもいると思うが、更新後はまたすれ違い通信を楽しんでほしい」(岩田社長)。

 カンファレンスにはカプコンの辻本良三氏が登場し、モンスターハンター3Gを紹介。最後に、3DS向けに「モンスターハンター4」の開発を表明するサプライズがあった。

110913_172519.png
スポンサーサイト
[ 2011年09月13日 ] テクノロジー | コメント(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。