スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
[ --年--月--日 ] スポンサー広告 | コメント(-)

反原発 山本太郎 後見人はあの人

<恋人とは破局>

“反原発の旗手”山本太郎(36)が刑事告発された。今年7月、玄海原発の再稼働に抗議しようと佐賀県庁に突入したことについて、京都市の行政書士が建造物侵入と威力業務妨害の疑いで告発。これを佐賀地検が受理したことが分かったのだ。義憤に駆られたのか、政治的な意図があるのかはハッキリしないが、これが山本にとってケチのつき始めになる可能性がある。
「佐賀県庁に突撃した頃の山本は全国を飛び回っていました。所属事務所を辞めたのに、メディアの露出量は4倍に増え、通販会社のCMの仕事も入り、かえって羽振りがよくなったという声もありました。でも今は、かつての勢いがありません」(事情通)
 政治的な発言がアダとなり、交際していたフリーアナの三浦茉莉(29)と破局したとも報じられた。公私ともに冴えないのだ。そんな最中の刑事告発だけにこたえそうだ。
 最近の山本は、元チャンバラトリオのメンバーで、Vシネマ「難波金融伝・ミナミの帝王」のプロデューサー兼俳優、ゆうき哲也を頼って大阪に身を寄せているという。山本は20代の頃に「ミナミの帝王」に出演させてもらったことがある。本人も関西出身だし、かつての恩人の元で羽を休めることにしたようだ。
「ゆうきは『ミナミの帝王』のほとんどの作品に関わっていて、景気のいい頃は1本あたり200万円のプロデューサー料を受け取っていたそうです。現在は1年間の半分は那覇のホテルで過ごす悠々自適の生活です。山本ひとりの面倒を見るくらい造作ありません」(芸能関係者)
 まずは「ミナミ」で復活か。

110925_165557.png
スポンサーサイト

<マツコ・デラックス>加護ちゃんに同情 「周りの大人のせいも」

 コラムニストのマツコ・デラックスさんが出演する、米ドラマ「弁護士イーライのふしぎな日常」のDVDのCM撮影が13日、東京都内で行われた。撮影後、マツコさんは取材に応じ、自殺未遂を図った元モーニング娘。の加護亜依さんについて「大変よね。若いうちから働いているんだから、私たちには分からない苦労もあるのよ。周りの大人のせいってところもあるんじゃない?」とコメント。一方で、お笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春さんとの第一子の妊娠が報じられた元モーニング娘。の藤本美貴さんについては「おめでとうございます。加護ちゃんの質問の後に、嫌な質問ね……。人の人生ってのは、何があるか分からないわね」と話し、芸能界の“ご意見番”らしくズバズバと記者の質問に答えていた。

【写真特集】マツコ・デラックスさんその他の写真

「弁護士イーライのふしぎな日常」は08年から米国で放送されているテレビドラマ。主人公の敏腕弁護士のイーライ(ジョニー・リー・ミラー さん)は突然、誰にも聞こえないはずの音楽が聴こえたり、死んだはずの父親が現れたり、自分に向かってプロペラ機が飛んできたり……と謎の“お告げ”や“ビジョン”に遭遇するようになる。その“お告げ”に導かれるようにイーライは、知らないうちに人助けや弱者救済を行いながら、自分自身を見つめ直していく……というストーリー。イーライが見る“お告げ”には、英シンガー・ソングライターのジョージ・マイケルさんが登場し、「フェイス」などのヒット曲を披露することや米俳優のシガニー・ウィーバーさんがセラピスト役で出演することも話題となっている。

 マツコさんは、芸能界随一の“お告げ”番ということもあり、同作のCMに起用されたという。CMは、マツコさんの自宅に押しかけた営業マンが、本作に全く興味のないマツコさんに、売り込む……という内容。マツコさんは、本人役での出演で、撮影は台本なしの完全アドリブで行われた。撮影では、営業マンにDVDのパッケージを渡され、「持てばいいのね!」と怒る演技をするなど、マツコさんらしいアドリブを連発していた。

 CM撮影後の感想について「アドリブと言いつつ、ここが欲しいというのがあるわけじゃない。意外と面倒だった。この方式は2度ととりません!」とむっつり。また、「同作に出演中の俳優の中で好みはの男性はいるか?」と聞かれ「私は東アジア人しかいけないのよ。西洋人には性的な魅力は感じない」と話しつつ「ジョージ・マイケルは、私のような人種からすると、気になるところがありますよ」とマイケルさんには興味を示していた。

 同作の主人公は、劇的に人生が変わる……という設定だが、マツコさんは自身について「表面だけ見ると、幸せそうでしょ? 寂しいもんよ。私の人生なんて」と話し、「色恋から縁遠くなるし、どんちゃん騒ぎもできなくなるし……。私の場合は目立つじゃん?」とCMやバラエティー番組などテレビで見ない日はないほど多忙なだけに、プライベートが充実しないことを嘆いていた。DVDは、10月8日から販売とレンタルを開始する。(毎日新聞デジタル)

110913_203855.png








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。